インフルエンザの治療にタミフル、予防に空気清浄機

タミフルの登場によってインフルエンザ感染への脅威が少し薄まることになりました。それまでの多くの人の認識として、インフルエンザにかかってしまうと安静にして回復を待つしかないというのが一般的でした。実際には治療薬も存在していたものの、その認知度はあまり高くはなく、タミフルが登場するまでは自然治癒に任せるものという認識が一般的だったのです。しかし、インフルエンザの治療薬としてタミフルが登場したことによって治療が可能になり、治るのを待つものから治せるものに認識が変わりました。その恩恵は多大なものであるものの、感染しないことに越したことはないというのが事実です。治療法が確立されたことによって世の中の焦点が予防に向くようになったのもタミフルが登場した恩恵の一つでしょう。感染予防という観点から多様なものが開発されてきましたが、その中の一つとしてトレンドになっているのが空気清浄機です。空気清浄機は空気を循環させる際にフィルターを通すなどして空気をきれいにするというのが基本的な仕組みであり、その過程で空気中のウイルスを除去するというアプローチがとられています。インフルエンザウイルスの感染経路として主なものは飛沫感染であり、空気清浄機によって完全に除去するのは難しいでしょう。しかし、空気感染もするということが提唱されてきており、その経路を遮断するのに役立つと言えます。また、飛沫から物に付着し、そこから接触感染も起こすのがインフルエンザウイルスであり、物に付着したウイルスの寿命が短くなるような環境を作り出すのにも空気清浄機は一役買っています。そういった形で予防に役立つものが次々に開発されて実用化されているのが現代の状況です。