インフルエンザは飛沫感染!タミフル処方で自宅療養

インフルエンザは毎年冬になるとニュースにも上るようになり、よく耳にする感染症の1つです。子供から高齢者まで感染する可能性のあるインフルエンザは、感染力が強く、時には、それが原因でインフルエンザ脳症などを起こしてしまうこともあるほどです。そのために、インフルエンザは感染をしないように予防をすることが一番大切なのです。その感染経路はインフルエンザウィルスを含んだ空気、くしゃみ等で飛沫したものが体内に入り込むことで飛沫感染をします。この飛沫感染を防ぐには、マスクが有効的です。これも口元に密着性のあるウィルスを吸い込まないようなマスクを使用することが大切ですね。インフルエンザのウィルスはどこに浮遊しているかわかりませんので、冬になるといつも着用していることでその飛沫感染の予防をすることができます。自宅などではウィルス除去フィルターなどの機能のある空気清浄器を使用する人も少なくありません。また学校や公共施設では、定期的な換気などを意識的に行って、空気のよどみ、ウィルスの飛沫を除させるような対策が必要です。これらを行ってもやはりインフルエンザに感染してしまう人はいます。急激な発熱や関節痛などでインフルエンザの症状は特徴的です。流行時期にこれらの症状がある場合には、病院に行かなくてはいけません。現在インフルエンザには、タミフルがよく効くとされていて、病院で処方されることも多いです。タミフルは一時は副作用も問題になりましたが、子どもから高齢者にも処方される薬です。正しく決められた量、決められた間隔で内服をすれば問題ありません。タミフルはその効果は実証されているので、その医師の処方の通りに内服することが大切です。