加湿機では不十分!通所介護施設で増えるタミフル投与

通所介護を行っている施設には毎日多くの高齢者が訪れます。高齢者というのが概して体力も免疫力も低下していることから、病気に感染しやすいというリスクがあり、感染症を持った人が入ってくると瞬く間に流行してしまう可能性が否定できません。また、その感染を受けた人の重症化のリスクも高く、感染症の流行に対してはぬかりなく万全の体制を田もい続けなければなりません。その状況が最も県庁になるのがインフルエンザの流行時期です。多くの人が出入りすることから、流行期にはインフルエンザウイルスが持ち込まれてしまう可能性が高いのが事実です。そのため、空気加湿清浄機を設置するといった基本的な対策からしっかりと実施していくことが通所介護施設では必要とされています。空気加湿清浄機によってインフルエンザ以外の感染症対策も行っていくことができますが、その効果はしっかりと確立されたものというわけではありません。通所介護施設で働く人もまた感染するリスクが高いことから、安心して働けるようにタミフルの予防投与が行われることもよくあります。タミフルの予防投与を行っている期間は感染してしまうリスクが著しく低下することから、たとえサービスを受けに来た人がインフルエンザにかかっていても、働き手が感染してしまって新たに感染源となって感染を広げてしまうということを防ぐことができます。そういった観点から、タミフルの予防投与を雇用主側から支援を受けてできることもよくあります。空気加湿清浄機だけでは不十分な面があるからこそ、万全を期して予防投与を利用しようと考える通所介護施設が増えているのが現状であり、医療機関と同様に多くのタミフルが必要とされるようになっています。