医者もタミフルでインフルエンザ予防

インフルエンザの治療薬として知られているタミフルですが、実はインフルエンザの予防にも効果があるとされており、医者もタミフルを使ってインフルエンザ予防をしていることがあります。一般的に、インフルエンザになると、2日程度の潜伏期間を経たのちに、頭痛や発熱といった症状がみられるようになります。これらの症状が出てきた頃にタミフルを飲んでも症状を早く沈めることしかできず、それでも数日間は症状が続きます。しかし、体内にインフルエンザウイルスが潜伏している期間にタミフルを服用することができれば、頭痛や発熱といった症状が出ないままにインフルエンザウイルスを死滅させることができ、予防へとつながります。症状が出てからであれば、タミフルは1日に2錠を服用して治療していきますが、予防の段階では1日1錠飲むだけで十分に効果を発揮してくれます。ただし、インフルエンザの予防に効果があるのは、薬を服用している期間のみになるため、薬を飲むのをやめてしまえばインフルエンザにかかるリスクはでてきます。そのため、家族にインフルエンザウイルスに感染している人がいるような状況や、受験前、大切な会議の前などどうしてもインフルエンザにかかりたくないタイミングで服用するようにしてください。最近ではインフルエンザワクチンを投与していてもインフルエンザに感染してしまうようなケースが増えてきているため、タミフルを家に常備しておくことで、安心することができますし、症状を早く和らげることができるようになります。ただし、インフルエンザの症状が全く出ていないような状態では保険の適応外になってしまい、通常よりも高い金額が必要になるため注意が必要です。