流行によりタミフルが必要!査定を受けにくい感染症

インフルエンザウイルスに対する感染症はその感染力の高さと感染経路の蔓延しやすさから、流行が始まると留まるところを知らずに広まってしまう傾向があります。タミフルが市場に登場したことによってインフルエンザウイルスに対する感染症にも効果の高い治療法が生まれると共に、感染症にかからないための信頼性が高い予防ができるようになりました。しかし、日本の医療保険制度では原則として予防目的の治療には保険が適用されないため、タミフルを予防のために処方するには患者に全額負担をしてもらうことが必要になります。しかし、感染症として問題になりやすいインフルエンザだからこその例外があり、家族がインフルエンザにかかっている場合には予防目的で保険適用をしてタミフルを提供することができます。実際の医療現場では予防投与のためにタミフルを欲しがる人が多く、査定を受けずに保険請求ができるようにしたらどうすればよいかと医師が頭を悩ませていることも珍しくありません。患者にインフルエンザであるという診断を下さなければ、その家族に予防投与することはできないからです。その診断基準として迅速検査キットを使う必要があるのか、PCR検査が必要になるのかというところは曖昧になっているのが事実であり、どこまでやれば査定を受けずに済むかと悩みがちです。実際にはこういった検査を行わずに、症状から見てインフルエンザであるという診断を下した場合でも査定されることがないというのが実情です。全てのケースで検査を行っていては医療機関が破綻してしまうほど流行しやすい感染症だからこその措置であるというのが事実であり、その診断をもって予防投与を保険適用とするかどうかは現場の判断に委ねられているのです。