ネズミは家屋に住みついて騒音などの原因になるだけでなく糞などにより衛生面においても悪影響を与えることから、駆除することが大事です。

ネズミ駆除にはさまざまな方法があり、まず挙げられるものが粘着式の罠を使用するものです。



これはとりもちが取り付けられた罠をネズミの動線上に設置しておくもので、ネズミが罠の上を通ると粘着成分により、動けなくなるものです。
罠に引っかかったネズミに触れることなく処理することができるので衛生的に優れている方法と言えます。

この方法で大事なことはネズミの侵入ルートを把握することです。
ネズミが通らない場所に設置しても効果はないので、侵入経路は重要なサインとなります。
ネズミ駆除には他にも殺鼠剤を使用した方法もあります。

これは薬剤が含まれたエサをネズミが食べることで駆除するというもので、大事なことはネズミの習性をよく知ることです。

ネズミは警戒心の強い動物であることから、いきなりエサを置かれてもすぐには食べようとはしません。



しばらく様子見をする必要があります。



最初のうちは殺鼠剤を入れずに普通のエサを置いておいて、ネズミに餌場と思い込ませ、警戒心を解いてから薬剤入りのエサを置くこともひとつの方法です。
薬剤が入ったエサを食べるとその効果により亡くなりますが、死骸をそのままにしておくと寄生していたダニなどの寄生虫が屋内に侵入してくることもあるので、速やかな処理がポイントです。

つまり、死後の処理もネズミ駆除では大事です。